英語の文法

【英語の基本文型】5つの型を覚えて英文作成&読解上達【大人のやり直し英語】

こんな人におすすめ♪

  • 英語の基本文型ってなに?
  • 5つの基本文型を知りたい
  • 初めてでもわかりやすい文法説明を探している

こんなあなたの悩みを解決するための記事が「英語の文法・5つの基本文型

英語初心者MIMI
私これ覚えられなくて💦
海外在住KIKI
最初は難しく感じるので、わかりやすく説明します♪

この記事を読むと次のことがわかります。

この記事の内容

  • 5つの基本文型とは?
  • 基本文型のわかりやすい説明
  • 5つの基本文型の例文とポイント
  • 各基本文型に使われる動詞

1度では全て覚えられないので保存して読み返してくださいね。

» 前回の単語の10種類詳細はこちらから♪

 

kikiのイラストと自己紹介

 

☟中学英語で話せるようになる☟

「純ジャパ」の効率的な学習方法【JJ ENGLISH エクササイズ】

 

☟ジャンプできる目次☟

 

☟英会話を早く確実に上達させたい人はこちら♪

【オンライン英会話の無料体験】8つのオンライン英会話をはしご【一覧比較表付き】

無料でオンライン英会話を始めたい! お得なオンライン英会話無料体験をしてみたい💛 どこがおすすめのオンライン英会話か知りたい♪ こんなあなたに読んで欲しい「オンライン英会話無料体験のはしご記事」 海外 ...

続きを見る

※この記事は広告やアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはプライベートポリシーをご覧ください。

【英語文法★基本文型】第5文型とは?

英語の文章には次の5つの形があります。

5つの基礎文型

  1. 主語+動詞(S+V)
  2. 主語+動詞+補語(S+V+C)
  3. 主語+動詞+目的語(S+V+O)
  4. 主語+動詞+目的語A+目的語B(S+V+O+O)
  5. 主語+動詞+目的語+補語(S+V+O+C)

ひとつずつどのように使うのか説明します。

ポイント

「主語(S)=subject」「動詞(V)=verb」「目的語(O)=object」「補語(C)=complement」の4つの英文要素を頭に入れておこう!

» 英単語の4つの要素についてはこちらから♪

 

【英語の第1文型】主語+動詞(S+V)

S+Vとは?

海外在住KIKI
はじめは主語+動詞はの基礎文型。
英語初心者MIMI
「●●は●●です」の文章だよ!

第1文型の主語+動詞(S+V)の例文は次のようなものがあります。

主語+動詞(S+V)の例文

  • I laughed./私は笑った。
  • You cry./あなたが泣く。
  • She sleeps./彼女が寝る。
  • He talks./彼が話す。
  • They agree./彼らは賛成する。

ポイント

第1文型の主語+動詞(S+V)に使われる動詞は全て自動詞です。

自動詞とは目的語を必要としない動詞です。

「laugh/笑う」「cry/泣く」「sleep/寝る」「talk/話す」「agree/賛成する」など、自分1人でできる動作のことです。

 

海外在住KIKI
実は第1文型の主語+動詞(S+V)の英文は2語だけではないこともあります。

S+Vの例文

  • I laughed loudly./私は笑いした。
  • You cry hard./あなたは泣きする。
  • She sleeps long./彼女は長く寝る。
  • He talks a lot./彼はたくさん話す。
  • They agreed with me. /彼らは私に賛成した。
英語初心者MIMI
なるほど、動詞を詳しく説明する言葉が続くのね。

ポイント

第1文型の主語+動詞(S+V)に付随する言葉は「副詞」「前置詞+名詞」の修飾語になります。

修飾語とは他の言葉を詳しく説明する言葉です。

» 10種類の英単語&例文はこちらから♪

 

【英語の第2文型】主語+動詞+補語(S+V+C)

S+V+Cとは?

海外在住KIKI
第2文型の主語+動詞+補語は「主語=補語」の時に使います。
英語初心者MIMI
I am beautiful.みたいな場合?(≧∇≦)

第2文型の主語+動詞+補語(S+V+C)の例文は次のようになります。

S+V+Cの例文

  • I am a teacher./私は教師です。
  • You became a politician./あなたは政治家になった。
  • She is a pianist./彼女はピアニストです。
  • He is angry./彼は怒っている。
  • They keep quiet./彼らは静かなままです。

全ての例文は「主語=補語」になっていますね。

「I=a teacher」「You=a politician」「She=a pianist」「He=angry」「They=quiet」

 

海外在住KIKI
第2文型の主語+動詞+補語(S+V+C)の補語は名詞と形容詞となります。

補語の名詞&形容詞

  • 補語が名詞「I=a teacher➡私=教師」「You=a politician➡あなた=政治家」「She=a pianist➡彼女=ピアニスト」
  • 補語が形容詞「He=angry➡彼=怒っている」「They=quiet➡彼ら=静か」
英語初心者MIMI
名詞は物の名前、形容詞はどのような状態かを表す言葉です。

ポイント

第2文型の主語+動詞+補語(S+V+C)は「主語=補語」の時に使い、補語は名詞と形容詞となります。

» 名詞や形容詞について詳しく知りたい人はこちらから♪

» be動詞の詳しい説明はこちらから♪

 

【英語の第3文型】主語+動詞+目的語(S+V+O)

S+V+Oとは?

海外在住KIKI
第3文型の主語+動詞+目的語は他動詞を使った英文です。
英語初心者MIMI
他動詞とは目的語がないと使えない動詞を指します。

主語+動詞+目的語(S+V+O)の他動詞を使った例文を見てみましょう。

S+V+Oの例文

  • I study English./私は英語を勉強する。
  • You bought an ice-cream./あなたはアイスクリームを買った。
  • She drinks coffee./彼女はコーヒーを飲む。
  • He meets his girlfriend./彼は彼女に会う。
  • They love dogs./彼らは犬が大好きです。

ここで使われている動詞は全て他動詞です。

「study=●●を勉強する」「buy=●●を買う」「drink=●●を飲む」「meet=●●に会う」「love=●●が大好き」

●●部分の目的語がないと文章が成り立ちません。

✖ I study./私は勉強する。» 何を勉強するの???

◎ I study English./私は英語を勉強する。

ポイント

第3文型の主語+動詞+目的語(S+V+O)は他動詞を使った英文で目的語が必須。

» 一般動詞の使い方はこちらから♪

» 英語の現在形について知りたい人はこちらから♪

 

【英語の第4文型】主語+動詞+目的語①+目的語②(S+V+O+O)

S+V+O+Oとは?

海外在住KIKI
第4文型の主語+動詞+目的語A+目的語Bは「~はAにBをする」という時に使います。
英語初心者MIMI
目的語がふたつ連続して使われるんだね。

第4文型の主語+動詞+目的語①+目的語②(S+V+O+O)の例文を見てみましょう。

S+V+O+Oの例文

  • I gave her a book./私は彼女に本をあげた。
  • You bought him a T-shirt./あなたは彼にTシャツを買った。
  • She told him a secret./彼女は彼に秘密を教えた。
  • He shows us his cat./彼は私達に彼の猫を見せた。
  • They pay me 100 dollars./彼らは私に100ドル払う。

全ての文章が目的語が2つ続いていて「AがBに●●をする」という形になっています。

主語+動詞+目的語A+目的語B(S+V+O+O)に使われる動詞は人が誰かのために何かをした時に使われます。

  • I gave her a book./私は彼女に本をあげた。
  • You bought him a T-shirt./あなたは彼にTシャツを買った。

ポイント

第4文型の主語+動詞+目的語①+目的語②(S+V+O+O)は「AがBに●●をする」という時に使い、目的語が2つ連続する。

 

第4文型S+V+O+Oの動詞「give型」

海外在住KIKI
第4型S+V+O+Oに使われる動詞には「give型」「buy型」があります。

give型の動詞

「give/~に~を与える」「hand/~に~を手渡す」「lend/~に~を貸す」「pay/~に~を払う」「offer/~に~を提供する」「pass/~に~を渡す」「bring/~に~を持ってくる」「send/~に~を送る」「sell/~に~を売る」「show/~に~を見せる」「teach/~に~を教える」「tell/~に~を話す」「read/~に~を読んで聞かせる」「write/~に~を書く」「throw/~に~を投げる」「wish/~に~を祈る」「owe/~に~を借りている」

give型の動詞は全て相手がいないと成り立たちません。

第4文型S+V+O+Oは下記の例文のように「~はAにBをする」という時に使われます。

give型の動詞の例文

  • I gave him a glass of water./私は彼に水を一杯あげた。
  • She handed me a pen./彼女は私にペンを手渡した。
  • He paied her 10 dollars./彼は彼女に10ドル払った。
  • They read their children picture books./彼らは子供達に絵本を読んだ。

give型の動詞はtoを使って目的語の順序を変えることも可能です。

give型のtoの例文

  • I gave a glass of water to him./私は彼に水を一杯あげた。
  • She handed a pen to me./彼女は私にペンを手渡した。
  • He paied 10 dollars to her./彼は彼女に10ドル払った。
  • They read picture books to their children./彼らは子供達に絵本を読んだ。

toを使って目的語の順序を入れ替えても意味は同じです。

第4文型S+V+O+Oの動詞「buy型」

海外在住KIKI
次は第4文型S+V+O+Oのbuy型の動詞を説明します。

buy型の動詞

「buy/~に~を買う」「cook/~に~を料理する」「get/~に~を手に入れる」「make/~に~を作ってあげる」「order/~に~を注文してあげる」「find/~に~を見つけてあげる」「sing/~に~を歌って聞かせる」「fetch/~に~を取ってくる」

buy型の動詞も全て「●●に●●してあげる」という動詞ですね。

buy型動詞の例文

  • I bought MIMI a book./ミミに一冊の本を買った。
  • She made him an apple pie./彼女は彼にアップルパイを作った。
  • John sang her a ballad./ジョンは彼女にバラードを歌った。

buy型の動詞はforを使って目的語の順序を変えることも可能です。

buy型動詞のforの例文

  • I bought a book for MIMI./ミミに一冊の本を買った。
  • She made an apple pie for him./彼女は彼にアップルパイを作った。
  • John sang a ballad for her./ジョンは彼女にバラードを歌った。

forを使って目的語の順序を入れ替えても意味は同じです。

S+V+O+O動詞のポイント

S+V+O+O動詞にはgive型とbuy型がある。「give+to」「buy+for」で順序入れ替えも可能。

» 一般動詞の詳しい使い方はこちらから♪

 

【英語の第5文型】主語+動詞+目的語+補語(S+V+O+C)

S+V+O+Cとは?

海外在住KIKI
第5文型の主語+動詞+目的語+補語(S+V+O+C)は目的語と補語が同じとき使います。
英語初心者MIMI
「目的語=補語」になる英文だね。

第5文型S+V+O+Cの例文を見てみましょう。

S+V+O+Cの例文

  • I named new dag Gina./私は新しい犬をジーナと名付けました。
  • You left me alone./あなたは私をひとりにした。
  • She calls me KIKI./彼女は私をキキと呼ぶ。
  • Tom makes me happy./トムは私を幸せにします。
海外在住KIKI
全ての目的語が補語とイコールになっていますね。

「new dag=Gina」「me=alone」「me=KIKI」「me=happy」

S+V+O+Cのポイント

第5文型の主語+動詞+目的語+補語(S+V+O+C)は目的語と補語が同じときに使う。

第5文型S+V+O+Cの動詞

S+V+O+Cの動詞

「name/~を~と名付ける」「call/~を~と呼ぶ」「find/~を~と気づく」「see/~を~するのをみる」「keep/~を~に維持する」「leave/~を残す、離れる」「make/~を~にする」「have/~を持つ」「paint/~に~を塗る」「appoint/~を~に任命する」「think/~を~だと思う」

上記の動詞を使ってS+V+O+Cの例文を見てみましょう。

  • I call him John./私は彼をジョンと呼ぶ。
  • She believes him honest./彼女は彼が正直だと信じている。
  • We painted the wall blue./私達は壁を青に塗った。

全ての文章は「目的語=補語」となっていますね。

「him=John」「him=honest」「the wall=blue」

S+V+O+Cのポイント

第5文型の主語+動詞+目的語+補語(S+V+O+C)は目的語と補語が同じときに使う。

☟一般動詞の使い方&一覧表はこちらから♪

【英語文法★一般動詞とは?】一覧表&be動詞との違いを例文でわかりやすく説明♪

こんな人におすすめ♪ 英語の一般動詞ってなに? 一般動詞の一覧表が欲しい be動詞と一般動詞の違いは? こんなあなたの悩みを解決する記事が「英語の文法★一般動詞の使い方」 英語初心者MIMI一般動詞は ...

続きを見る

 

☟中学英語で話せるようになる☟

「純ジャパ」の効率的な学習方法【JJ ENGLISH エクササイズ】

 

【中学英語の文法】5つの基礎文型まとめ

今回は中学英語の文法5つの基本文型を紹介しました。

5つの基本文型

  1. 主語+動詞(S+V)
  2. 主語+動詞+補語(S+V+C)
  3. 主語+動詞+目的語(S+V+O)
  4. 主語+動詞+目的語A+目的語B(S+V+O+O)
  5. 主語+動詞+目的語+補語(S+V+O+C)

この基本文型は読解や英文作成に役立つので覚えておきましょう。

英語初心者MIMI
この記事を保存して何度も読むよ!
海外在住KIKI
英語は反復練習をするのが上達の秘訣♪あなたの英語学習を応援しています。

 

【頑張っているのに英語が話せないと悩んでいるあなたへ】

一生懸命に勉強してるのに全然英会話が上達しない😢

もしかして勉強方法が間違ってるかも?!

英会話は「独学3割+実践7割」くらいでちょうどいい♪

なぜなら中学高校で英語の基礎は学んでいるので、後は英語を聞いて話しす実践が重要!

でも外国人と話したことないし、英語通じなかったら怖い💦

そんなあなたは「オンライン英会話に必須の英語フレーズ40選」を音読練習。

これだけでオンライン英会話が怖い病から解放されますよ💛

英語は間違えてOK♪たくさんの失敗から学んで上達します♪

英語初心者MIMI
私なんて間違えだらけの英語で話してるけど、通じた時はすごく嬉しい🌈
海外在住KIKI
英語が話せるとあなたの人生は確実に変わります!

少し英語が話せれば、ひとりで海外旅行・ワーキングホリデーも可能🌈

自分の人生変えたい人は今すぐオンライン英会話!

☟初心者におすすめのオンライン英会話

英語話したい人は無料体験あるのでトライしないと損!

次のページ➡» be動詞の使い方&一覧表はこちらから♪

-英語の文法

Copyright© KIKI英会話フレーズBLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.